ブログ

僕が出来ることを。





9月17日。
札幌BEGGAR’S HARLEMにてチャリティーライブ。
地震が起きてからというもの、

僕が今までしてきたこと、

そして今僕に出来ることは何?

って本当に考えた。

自分の必要性も考えた。
考えた末、

小さな事かもしれないけど、

やっぱり歌うことだった。
やり方だって色々ある。

賛否両論あるかと思うけど、

僕自身の事であれだけど、
緊張の連続で張りつめた心が音楽で和む瞬間。

他の何にも変えがたく。

安心感を共有するというすごい事が起こる。
チャリティーライブやろうって決めてから、

正直不安がつきまとった。

この状況でしっかりステージ立つだけの力はあるのか?

自分が不安を抱えたままでは逆にその不安を撒き散らしてしまうんではなかろうか?
とか。。 何もできない自分がただただいました。

地震が起きてからなかなか気力も上がってこず、歌を歌うこともギターを弾くことも困難なってた。

日に日に沈んでいったのもわかってた。
そうこう思い悩みながらもライブは近づき、

家で練習を始めたとき、

僕は僕自身の曲に背中を押されるという現象が起きました。

今まで書いてきた曲に。

自分の曲だったけど、。

今のこの状況にハマリ込む瞬間が何度も。

それによって心が少し楽になるのを感じたんです。
なんか、

音楽の根本を見たような気がしたのです。
これをやりにいかなくちゃってすぐに思った。
僕のやり方で何かしらのアクションを。
これに賛同してくれた方々が沢山来てくれた。

とても心強く感じて、

顔を見れたことで安心して、

寄り添う事の素晴らしさも、

不安をねじ伏せる空元気だって大切な事。

元気で笑っていれれば少し位の不安を消せる。

そんな気がしています。
足を運んで頂いた皆様、

気持ち飛ばしてくれていた皆様、

本当にどうもありがとうございます。
僕らは一人じゃないよ。
この気持ちが沢山届けばいい。

そして支え合っていければいい。

沢山広がっていけばいい。
募金で集まったお金は被災している地域に全額寄付します。

ご協力頂いた皆様、

本当にどうもありがとうございます!
動ける時に動く。
みんなで頑張るべ。
摩守俊

関連記事

ページ上部へ戻る